身体と心を休めるための睡眠法とは!?

身体と心を休めるための睡眠

私はカフェインに弱いくせにコーヒー好きなので、しばしば不眠に悩まされます。コーヒーの摂取は1日2杯まで、

午後15時前までと決めてはいるのですが、ついつい夕方にもう一杯手が出てしまうことがあります。

 

そんな日は決まってベッドに入ってから2時間ほどは自分と葛藤する羽目になります。

 

経験上避けた方がいいと思うのはネットニュースを読みふけることです。芸能ニュースならいいのかもしれませんが、

私はついつい世界情勢などを重点的に読んでしまうため、悲しいニュースが眠りについてからの私の頭の中を

かき乱します。

 

不安に駆られたまま眠りにつくとよく見てしまうのが、歯がボロボロに壊れて口の中をいっぱいにしてしまう最悪の夢です。

 

舌でなんとか歯をもとの位置に戻そうともがいているうちに目が覚めます。言わずもがな寝起きの気分は最悪です。

 

眠れない時はスマホをいじるのではなく、ラジオや音声だけの動画を流して画面をうつぶせにして目をつぶって聞くのがおすすめです。

 

これをやっていると大体知らないうちに眠っています。お笑いや好きな芸能人の話など、明るい話題が心安らかな眠りに誘導してくれます。

 

いつの間にか不眠になってしまった・・・

 

 

特段睡眠に問題があったわけではなくて、ついこの間まで何の問題も無くぐっすり眠っていました。寝つきも良くて布団に入るとそのまま寝てしまうという感じでした。

 
ですが株をやるようになって、信用取引にも手を出すようになって、日々の株価の動きや、経済ニュース、為替の動きなどに神経を使う様になって睡眠に悪影響が出てきました。

 

夜間にアメリカやヨーロッパの市場が動いていて、その市場動向が翌日の日本市場に影響を及ぼすので気になるのです。眠るのが零時過ぎと以前より、一時間ほど遅くなり、一時間から二時間おきに目が覚めるようになってしまいました。

 

目を覚ますとその都度スマホで、アメリカやヨーロッパの株式市場や為替をチェック、そんなことを続けていたら、毎日寝てから朝までに3-4回目を覚ます癖が付いてしまいました。

 

そうなると眠りが浅くていい睡眠が取れていないと言うか、いつも身体がだるくて疲れているような気がします。

 

土曜日や日曜日も同じように目が覚めるのですが、市場は休みでチェックするものも無いのに目が覚めるのは嫌な感じです。この悪癖を改めたいと真に思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です