母の睡眠理論とは!?人間に必要な睡眠の質とは!?

母の睡眠理論とは!?人間に必要な睡眠の質!
私の母親は今年で64歳になりますが、夜は8時には布団に入ってしまいます。母が言うには、

8時になるともうまぶたがシャッターのように降りてきてしまい、眠くてたまらないのだそうです。

 

年を取ると早寝早起きになるとは聞きますが、まだ還暦を越してすぐなのに8時に寝るのは

ちょっと早いのではないかと私は思います。

 

姑や親戚の話を聞くと、母と同年代の方は皆10時過ぎまで起きているようです。

 

しかし、母が自分で考え出した睡眠理論によると、「人生の中で寝ている時間はトータルで決まっている」のだそうです。

 

母は父が現役のサラリーマンだった頃は、12時過ぎに寝て、朝は5時に起きるという生活を何十年も続けていました。

 

毎日の睡眠時間は5時間に満たなかったのです。だからその頃足りなかった睡眠時間を補うために今はたくさん寝ているというのが、母の自説です。

 

もしこの説が本当だとしたら、私の夫は老後にものすごく寝ない人間になります。今は毎日9時に寝ているのです。

 

その上、休日は昼寝を2時間もしています。年を取ったら眠らない老人になるのかもしれません。

 

眠れない時に試すイメトレ

 

 

疲れているはずなのに、中々眠れないという事は誰しもあるかと思います。
私も時々あるのですが、そんな時に試すのは、「単純作業を頭の中でシミュレーションする」という事です。

 

この場合の単純作業とは、ストレスを感じずにある程度の時間続けられる事になります。だから人によって内容は全く異なるでしょう。

 

私の場合は「キャンプで薪に火をつけてたき火をする」というもので、大き目の薪とナイフとライターだけがある状況を想定して行います。

 

大きな薪には直接火が付かないので、ナイフを薪に当てて別の薪で上から叩いて割っていき、さらにナイフで削って木くずを作り焚きつけにします。

 

ライターで付けた小さな火を消えないように育てて、徐々に大きな木片をくべて火を大きくして安定したたき火にするという一連の作業なんですが、イメトレをやっている間にいつの間にか寝ています。

 

それでも眠れない場合はたき火でカレーを作るところまで進展してしまいますが。

 

ともあれ「眠れない」ということを意識しないようにするのは非常に大事かとおもいます。あまり複雑な作業だとかえって眠れないかもしれないので注意しましょう。

 

眠れない夜に思い出す中学の先生の言葉

 

 

布団に入ったのになかなか寝付けない夜もたまにはありますよね。「昼を過ぎてからコーヒーを飲んだからかな」「今日は気疲れの多い日だったから、まだ気が落ち着かないのかな」などいろんなことを思います。
そんな時思い出す言葉があります。

 

高校受験を控えた時期でした。中学校の学年主任の先生が「眠れないからって焦らなくていいのよ。人間、目をつむって体を横にしているだけで休めているのだから。それで次の日もちゃんと頭は働くから」というようなことを言いました。

 

その言葉を聞いて随分安心した記憶があります。眠れなくても、大丈夫なんだ、と。

 

実際のところ、目をつむって横になっていたとしも、一睡もしていない状態では翌日の脳のパフォーマンスは落ちると思います。

 

大切な試験や仕事の前日はちゃんと睡眠時間をとる方が良いに決まっています。でも、緊張や不安で眠れない夜にそんなことを考えていたら余計に不安と焦りのドツボにはまるだけですもんね。

 

今でも、眠れない時には「大丈夫。横になっているだけでも休めているから」と自分に言い聞かせていることがあります。

 

そして、>>グッスミン酵母のちからの口コミと半額を

試してみて本当に良かったです。

 

なぜなら、その後グッスリと眠れるようになったからです。

 

 

寝たいのに寝られない

 

仕事をバリバリこなしていた時に、急に寝たいのに寝られない日が続いたんです。

 

布団に入ってから最低でも2時間は寝れなくて、長い時は4時間くらい。

 

寝られなくて布団の上で足をバタバタさせたりとかしてるんですよね。

 

寝る前に携帯は良くないって聞いたので、携帯弄らないようにしたり、安眠用の音楽を聴きながら寝たりしてみたんだけど、どうもダメなんです。

 

こないだは朝まで寝られなくて、気がついたら外が明るくなってました。

 

寝れない時って、時計見る度に寝ないといけないって思っちゃって、変なプレッシャーで更に寝れなくなるんです。頭の中で羊数えても全然寝れません。

 

睡眠不足なので昼間仕事中も眠くなってしまって、とてもきついんですよね。

 

目の下にもクマが出来ちゃって、本当に困ってたんです。何が原因なのか考えたら、自分じゃよく分かってなかったんですけど、周りからきっと仕事のプレッシャーじゃないかって言われたんですよね。

 

きっと夜寝ようとしてる時も、無意識に頭の中で不安とかプレッシャーを感じ取ってたのかな。

 

この事を上司に相談したら、業務量を調整してくれて、それと同時くらいに寝れるようにもなりました。

 

仕事必死に頑張ってたんですけど、やっぱり頑張りすぎは良くないですよね。睡眠は本当に大事だと感じたので、これからは無理せずに働こうと思います。

 

温かくなるアイマスクで快眠しています

 

良い睡眠を得るためにいろいろと試しています。

 
最近試してみて良いな、と思ったのが
目をあたためるアイマスクをつけて眠ることです。

 
機械式のものもあれば、
使い捨てで袋を開けるだけですぐにあったまってくるものなどもありますが、私は便利です使いやすい使い捨てのものを使用しています。

 
私は仕事でもプライベートでもスマートフォンやパソコンを一日中操作しているため、自分が思っている以上に目が疲れています。

 
しかし、私だけがそうではなく、
現代人の多くの方もやはり同じような環境だと思います。

 
あったまるアイマスクをつけて眠ると、目の筋肉がこわばってくるのが、緩んでくるようで、とっても気持ちが良くなります。

 
そのまま気持ちよくて眠りにつくことができますよ。

 
家で夜寝る前でもいいですし、
ちょっとした電車や飛行機などでの移動時間にしっかり眠りたい時などにもとっても役に立たちます。

 

 

まだ試したことのない方は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

 

睡眠を阻害するアイテム

 

私は一時期、うまく睡眠がとれずいろいろ試してみたのですが、どれもこれ!という解決方法がなく、1日中体がだる重い状態が続いていました。

 

寝不足です。

 

これはまずい!と早くに寝室へ行ってみたり、お風呂の時間を変えてみたり、アロマを焚いてみたりなどなど。ちまたで良いと言われることを試してみました。

 

ただ残念ながらイマイチでした。

 

これと同時期に肩こりに悩まされて、整体の先生に枕の高さを一度見直してみてくださいと言われ、早速いつも使っている枕をチェックしてみました。

 

決して高いと感じたことがなかったのですが、これ以上引く枕を持っていなかったので、バスタオルで枕の代用をすることにしました。

 

パートナーに位置を確かめてもらいながらバスタオル枕の高さを決めて、いざ眠ってみることに。

 

すると、なんと不思議!ぐっすりと眠ることができたのです。こんなこと?とあっけにとられてしまいましたが、体験したことはどうしようもないですよね。

 

それ以来私の枕はバスタオルになり、肩こりも軽減され、寝不足も解消されてホッとしています。

 

雨の音とリラックス効果

 

20代の頃は、布団に入った途端にすぐに眠くなってしまい、深い眠りにつくことが出来ていたんです。最近では、眠ろうとしても中々寝付けないこともあり困っていたんです。

 
質の良い眠りが出来ないことで、翌日の朝もすっきり起きれなかったり、日中に眠気に襲われたりしてしまいます。

 

どうにか出来ないかと、寝る前にコーヒーなどのカフェインを摂取することを控えたり、お風呂にゆっくり浸かったりもしてみました。

 

その他にも、友人から聞いて携帯に雨音を聞けるアプリがあるらしく、試しにダウンロードしてみたんです。

 

夜中に降ることがある激しい雨は、気になって眠れず起きることがあるんですが、以前から、梅雨の時期などに一定のリズム、間隔で降り続ける雨は何となく癒される感じがしていました。

 

早速、寝る時に試してみたのですが、雨音のアプリは音質もとても良く、タイマー設定も出来るので、優しい雨音を聞きながらゆっくり眠りにつくことが出来ました。

 

翌日の目覚めも良かったので、眠れない時は雨音を聞きながら眠ることが習慣になってしまいました。

 
雨音アプリのおかげでぐっすり眠ることが出来、質の良い睡眠の大切さを改めて知ることが出来ました。

 

今後も、眠れない時には雨音を聞きながら眠りにつきたいと思っています。

 

穏やかな眠りのために

 

梅雨入りして、体の調子を整えるのがだんだん難しくなる季節になりましたが、皆さんはいかがお過ごしですか?

 
体を整えるためにはまず質の良い睡眠と言うことは誰もが思うことですが、実際に何をしたらよく眠れるのかが分からないという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 
まずは眠りを妨げるものが何かを考えてみましょう。

 
夜ごはん、食べすぎていませんか?

 
食べてから寝るまでの時間はどれくらいですか?

 
仕事終わりのコーヒー、紅茶、濃い緑茶など、カフェインの多いものを飲んでいませんか?

 

これらのことは全て睡眠の妨げとなります。

 
心当たりのあるかたは、まずはここから解消することを試してみてください。

 
一人でも多くの人が良い睡眠を取れることを祈ります。